相棒 ≪いかのおすし≫

皆様、「いかのおすし」って知ってます?  私は、息子から聞いたんですがね

・いか=知らない人についていかない!
・の =知らない人の車にのらない
・お =おおきな声で呼ぶ!
・す =すぐ逃げる!
・し =何かあったらしらせる

こういう意味なんです。

息子は保育園時代からこの防犯標語を教えてもらってます。

そう、警察の方のお芝居とともに。。。

今回、神戸さんが若干壊れています(笑)




「マジですか・・・」
「ええ、マジなんですよ神戸くん」

僕達、特命係はなんでも係・・・・・・依頼されれば雑用でも何でもする部署なんだけど・・・

「保育園での交通スクール・・・・・・ですか」
「ええ、ちゃんと道具も揃ってますし手が足りないので応援して欲しいと言われたんです。  それに薔子さんは引き受けてくれましたよ」
「薔子が・・・」

薔子、好きだもんな・・・・・・  っていうか、薔子はどこに行ったんだろう

「薔子さんは生活安全課から道具を受け取りに行ってます・・・・ああ、戻ってきたようですね」

杉下さんの視線の先をたどれば、ダンボール箱を抱えて前が見えないんじゃないかって薔子が組対5課に入ってきたところだった

「借りてきました!」
何だか嬉しそうな薔子がダンボールの箱を開けて中身を見てみれば・・・・・・保育園児が着るようなスモック服に黄色の帽子に黄色のバッグ、それに張りぼての包丁に・・・・・狼の被りもの???

頭だけの被りものなんだけど、大きな耳と長い鼻に茶色の毛色は・・・・・狼だよね

「それでは行きましょう!  向こうで所轄の方が待っておられます」

僕の車にそれらを乗せて、いざ出発・・・・・・したのだった





「僕がオオカミ役ですか?」
「ええ、そうですよ。  薔子さんは保育園児の役をしてもらいますから、当然狼役は神戸くん、君の役目になりますねぇ~」
「杉下さんは何の役を?」
「僕はこの≪いかのおすし≫と呼ばれたプラカードを皆さんにお見せするため舞台で立っていなければなりません」

「え~~~・・・・・・何かずるい」
「何がずるいのですか!  それより君は台詞を全て覚えられたんですか?」
「こんなセリフ、軽いもんです!」

ココは保育園の舞台袖にある部屋

所轄に行った僕達は担当の職員とともに保育園に来て、舞台の袖で準備をしているんだけど・・・・・

何か僕だけ頭に被り物をして、おまけにサングラス(運転用にかけてる自前ね)までしてさ、 間抜けな気がして仕方がないんだよね

「いや~~  その皮のコート! オオカミ役にピッタリですよ!  そのまま被ってください、お願いします!」

なんて言われてさ・・・・・なんで悪役が僕にピッタリなんだよ、なんでだよ!

杉下さんなんてただプラカード持って立ってるだけ! なんだぜ。。。

まだ納得していない僕だけど持っていたペットボトルの水を一口飲んで落ち着こうとしてたんだ

そのとき控え室から出てきた薔子の姿を見て、あやうく水を思いっきり吹き出しそうになって・・・・・・噎せた

その格好は、反則だろう〜〜〜・・・ 薔子

園児服のスモック(もちろんサイズは大人用でデカい)に裾から見えるのはプリーツスカート、白のハイソックスそして・・・

ツインテールの髪はクルクルと巻いてあり、黄色の帽子の横から出ている

え・・・・っと、薔子さん・・・ 力入りすぎなんじゃ?

「・・・・・おかしいですか? そんな固まるほど変なのかな」
「いや、やるとなると徹底するよね、薔子ちゃんって」

くるくると回って見せてくれるのはいいんだけどね、ちょっと、僕には刺激が強いよ・・・・・
ニコニコと楽しそうに笑う彼女を眺め、その身体を抱きしめようと手を伸ばしたけれどもうすぐ本番だし我慢しなきゃね


「出番です!」

ほら・・・出番だ、出番! 僕たちは舞台に出て行ったんだ




ステージに上がった僕と薔子ちゃんは、歩いていく薔子ちゃんの後ろから僕が呼び止めるところからはじまるんだ

狼としてね・・・・・・

「お嬢ちゃん大変だ、君のママがケガした! さあ車にのって」
「ママが! 私のママがケガをしたの?」

クルリと振り向いた薔子ちゃんに園児ではなく後ろに座っている保護者の方がどよめいている

なんだ、なんだ? チロッと目を向ければ・・・・・・保護者席がびっしり埋まってるなか、父親かな?男の人がちらほら居るんだよね

・・・・・・・・・その男(園児の父親)が薔子ちゃんを見てどよめいてるんだ・・・・・面白くない!

「そうだよ、さあ病院に行こう」

「ちょっと待って! 私のママの名前はなあに?」
「・・・・うっ、名前は・・・・」

「お前は怪しい奴だ、『いかのおすし』を知らないな!」
「いかのおすし? なんだそれは!」

この時とばかりに杉下さんが、さささぁーーーとプラカードで上半身を隠すように舞台中央に!
そのプラカードには大きく『いかのおすし』とかいてあり・・・・・・

「いいか、怪しい人にはついて『いか』ない!」
「おおっ!!!」
僕の大げさに驚いたクサイ演技に園児も乗ってくれて、「おおー」とか声だしてくれて・・・ なんだか可愛いよね。

「車に『の』らない!」
「おおおーーー」
今度は園児だけで言ってくれてます、よかったノリのいい子達で・・・

「『お』おきな声を出す!」
「おおーーー」

「『す』ぐに逃げて大人の人に『し』らせること! これが『いかのおすし』だ!」
「おおーーー」
園児の声を受けて、最後は僕の演技だな!

「なんて賢いお嬢ちゃんなんだ! 参りましたーーー」

大げさな身振りでたじたじと後ろに下がれば所轄の人が来て僕を御用にして、劇は終わり!

はっ! 終わった終わった! 僕らは舞台袖に引っ込んだ

直ぐに狼の被り物とサングラスを取り、ぺたんとした髪を手で梳いていると薔子ちゃんがブラシと鏡を貸してくれた

「あーあ。朝のセットが台無しだ」
「でも、そういう感じも私好きだな・・・」
「え? そう? なら今日はこのままにしてようかな〜〜 せっかく薔子ちゃんが好きって言ってくれてるんだしね!」

「・・・・・・・私、着替えてきます」
慌てて用具室に入っていく彼女の耳が真っ赤だったのに、上機嫌になった僕は水を飲みながら彼女を想う

恋人であり婚約者でもある彼女は、いつまでもウブなところがあって・・・・・・ からかえば直ぐに赤くなるのが堪らないんだ!

「杉下さん、今日はこれで警視庁に戻るんですよね?」
確認のため声をかけたんだけど、返ってきた答えは当初の予定とは違うものだった

「保護者の方からの防犯についての質疑応答の時間があるので、今しばらくは此方に居ることになりました」
「え? でもそれは所轄の方のほうが詳しいんじゃ・・・」
「もちろん、担当の方も同席でお話をするんですよ」

「・・・・・・へぇーー」

袖から向こうを見てみれば先生たちが長机をだして並べてる

「お待たせしました・・・・・・ 何ですか?」
いつものパンツスーツに着替えた薔子が髪をほどいて手で梳いているのをみて、さっきの僕とは逆だなと思いながら借りたままのブラシを返した




「えー・・・本日はせっかく 警察の方が来てくださっているので、防犯についてお聞きする時間を設けました。保護者の方は遠慮なく質問をお願いします。警察の方はお時間をとっていただきありがとうございます! では自己紹介をお願いします。」

「生活課の田村です。 私はこの地区の警察官ですが、此方の御3人は警視庁から来ていただいています」
「警視庁の杉下です」
「同じく神戸です」
「同じく鈴城です。 園児の皆さんも疑問があれば質問してくださいね!」

「「「はぁーーーい」」」

ニコニコと笑顔な薔子は子供が好きみたいだなぁ〜〜・・・僕まで笑顔になっちゃうよ

そのとき園児の中から手を上げる子が・・・ 先生がマイクを向けた女の子は恥ずかしいのかもじもじしてる

「あのぉ〜〜 かんべは彼女いますかぁ〜」
どんな質問だよ・・・・・・ しかも呼び捨てか!!!

「んーーとね、今は防犯の事の質問をするんだよ!」
「えーーー・・・だってママが聞いてって言うから」

え? あの・・・ 驚いて保護者席を見るとママさん達が恥ずかしそうにしながらも興味津々な目で僕を見ていて、ビックリ!
それに保母さん達の視線も、痛いくらいで・・・・・・・

「や、さすが警視庁の色男No.1ですね! 」
「そうなんですか? すっごいイケメンですもんね」
「芸能人見たいですよね! っていうか似てる人いますよね〜」
「警察にこういう方がいるなんて知りませんでした〜」

所轄の担当さん、田村さんだっけ? どうして煽るようなこと言うかな〜・・・
ママさんや先生達も反応しないでほしいんだけど。。。

きゃいきゃい、どころじゃなく煩くなった場でこれはもう防犯の話どころじゃないな・・・と溜息をこぼす

「神戸くん・・・」
「え? 僕のせいですか? そんな騒がれるほどじゃ・・・・・ま、あるとは思いますけど保護者の方が騒ぎすぎなんじゃ・・・」

ふぅ〜〜・・・ 困ったな。 ため息を吐きながら前髪をサラリと指で流せば『きゃー』とか声が上がって・・・

この場を収めるのは先に帰るしかないかな・・・ 杉下さんにその旨を伝えようとしたんだけど。

スッ・・・・、と置かれたマイクを持ち上げた綺麗な指が目の端に見えた

「・・・・・・・申し訳ないが神戸さんには婚約者がいます。 これで質問の答えになりますか」
感情のこもらない声がマイクで流れる

えっと、薔子ちゃん・・・ 怒ってるの?

「それでは次の質問のある方は挙手を、どうぞ」
「はい!」

マイクを向けられたママさんが質問をするんだけど、どうなのよ、コレは。。。

「あのっ! 警察官さんのお給料って地域のおまわりさんと警視庁さんでは違うんでしょうか?」
「神戸さんの婚約者ってやっぱり同じ警察官なんですか?」
「合コンとかします?」
「バツ1なんですけど、神戸さん私なんてどうですか?」

もう収集がつかなくなってきた・・・

杉下さんがマイクを持つのを見て、どう答えるんだろうと興味がわくけど・・・・・・なんか怒ってそうだね

「防犯に対する質問がないのであれば我々はこれで失礼します。 あとで田村さんと防犯について話し合ってください! さ、神戸くん、薔子さん、行きましょう」

杉下さんを先頭に僕も後をついて場を離れようとしたんだけど、薔子がまたマイクを握って。。。

「 私が婚約者です。 ・・・・・・・彼は誰にも渡しませんから、失礼!」
ニヤリと笑った薔子がマイクを置いて出てきた後から、『きゃぁああ』という叫び声があがってた

んふっ! 薔子に宣言されちゃった・・・・・・ 誰にも渡さないだって・・・・・・

後ろから追いかけてきた薔子を見れば、やっぱり真っ赤っ赤!!!

んもう〜〜〜・・・ やる事は男前なのに、可愛いんだからぁ〜〜〜

僕は自分でもとろとろに蕩けた笑顔で薔子を迎えて、思いっきり抱きしめちゃったんだ!

「神戸くん・・・ 行きますよ」
杉下さんに呆れられちゃったんだけどね、んん〜〜〜・・・・・気にしないんだ!




その日、定時であがった僕と薔子はそのまま買い物して僕の部屋にきたんだけど。。。

『薔子! ねぇねぇ、コレ! 持ってきちゃったんだ」
「・・・・・・・・それって園児服のスモックじゃ・・・ 警視庁の倉庫に返さなきゃいけない物ですよね」

「お願いがあるんだけど・・・」
「・・・・・・・尊さん? なんだか尊さんの目が妖しく光ってるんですが・・・」

「お願い、さっきみたいに着てみて ☆」
「・・・・・・・・でも 」

「僕を誰にも渡したくないんでしょ? だったらさ・・・・・ね☆」
「そんなキラキラしてお願いしなくても・・・・・・・・・・・・・はい」




その夜は、イケナイおじさんになっちゃった僕でした!




ああ、駄文です。。。 ごめんなさい m(_ _)m

実際は保護者の方はこんなふざけないですし、防犯には真剣なはずなので誤解しないで下さいませ

ちょっとキャーキャー言われた神戸さんに嫉妬して「誰にも渡さない」宣言したかっただけなんです

本当に駄文で申し訳ないです・・・

関連記事

コメント

☆ほっち様へ☆

ほっち様、こんにちわー (^o^)/

ちょっと実際とはかけ離れてると思いつつ、妄想が湧きすぎて頭がワイちゃった管理人です(笑)
喜んでいただけて嬉しいです!
バンバン書いちゃいますか? 好評だったもので防犯指導巡りに保育園や幼稚園まわりとか、小学校にも行っちゃうとか!

ぜひ、エキストラで神戸さんに黄色い声援をお願いします!

> 薔子さんスモック萌えした神戸さんもなかなかですね~(*´艸`*)
> 婚約者の普段絶対しないであろう格好を見たらイケナイおじさんになるでしょうね~v

そこら辺を書いていいものやらどうしようかと迷っちゃいまして・・・・・・
きっと次の日はスモックを洗濯して乾燥してアイロンあてて何事もなかったように返していると思います
でも右京さんにはバレてるといいですね(笑)

> 相棒のお話をまたじっくりと拝見します。映画待ち遠しいですね。
待ち遠しいですが、あと2ヶ月で上映ですよね! 何か去年から待っている身としては、早く感じちゃって・・・
今回は最初から映画館に足を運んで見たいと思います!!!

> 相撲って字を見ても、え?相棒?ってよく見間違えます(笑)
私もです! だから新聞のテレビ欄で1瞬、固まって・・・・・間違いに気がつくと残念になります。

ほっち様、コメントありがとうございます!
まだまだ寒い季節が続きますから、元気でお過ごしくださいね!

では (^ー^)ノ

すーさんさまへ

お久しぶりです。こんばんは~v
駄文だなんてとんでもないですヾノ(´▽`)実際の保護者の方は、実際にこんなイケメンや美女が防犯指導に来ることはないので、お二人を引き立たせるためにバンバン書いちゃってください!
キャーキャー騒ぐ母親役なら私もエキストラで出ます(笑)んで、思いっきり薔子さんに睨まれてきます。
薔子さんスモック萌えした神戸さんもなかなかですね~(*´艸`*)
婚約者の普段絶対しないであろう格好を見たらイケナイおじさんになるでしょうね~v

相棒のお話をまたじっくりと拝見します。映画待ち遠しいですね。

相撲って字を見ても、え?相棒?ってよく見間違えます(笑)
ほっち
Secret

プロフィール

すー※さん

Author:すー※さん
私的妄想世界が広がっております。
イチオシは窪田正孝さんの役柄いろいろ妄想話です♡(その他にも相棒の神戸さん、スネイプ先生や善徳女王など色々でございます)

最近は更新ができてませんが、発作的に投下してます。
8月、9月の試験に受かれば時間ができるので、それまでは見守っていて下さいませ。

合言葉は『シリアスからエロまで』・・・・・楽しんでいただければ幸いです。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Cat Home

暁の唄

ちび眼鏡日記

月が浮かぶ夜

まきまきまき

うみにふわりふわり

snowdrop

みやびのブログ

よみよみ

SweetBlackな世界

日々のこと

きみと手をつないで

shibushibuuu

ゆめの世界

井の中の蛙

月の舟 星の林

古いおもちゃ箱

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR