ああ、傍迷惑な男・その名はギルデロイ!

ギャグです、というかギルデロイが余りにも可笑しいので突発的に・・・・・・どうして彼はあんなにオイシイ方なのでしょうか?

彼を見ていると妄想が止まりません!  まあ、主に恋人のヒロインに絡んだギルデロイに嫌ぁーーな顔する教授が浮かんでくるんですがね。。。

ああ、萌えてます

ヒロインのキャラは≪学生セブルス編≫と同じですが、時間軸は教授です

教授の助手みたいな?(笑)  ヒロインの年齢は20~23才くらいですがまだ長編書いてないので実際の話とは後で食い違うことは大ありでしょう!

なので、あまり突っ込まないで頂ければ管理人は喜びます!

コメントは絶賛、受付中なので よろしくお願いします!

とにかく書きたいので書いてます

*****

遠い昔・・・・学生の時に別れたままだったレイが再び我輩のもとに戻ってきて数年、色々誤解はあったようだが晴れて・・・・・・・まぁ、その・・・・・なんだ

こ・・・  こ・・・  我輩の助手になったのだ

「恋人って、言ってくれないんだ」
「また我輩の心を読んだのかね」

閉心術では誰にも破られたことのない我輩だが、レイには無駄なあがきだと分かっておる・・・・・・が、恥ずかしいではないか

「開心術なんて使ってないよ・・・  くすっ、そんなもの使わなくてもセブの顔見たら分かるよ」
「・・・・・・・敵わんな」

「それだけ私はセブにメロメロなんだよ・・・・・・・ちゅっ」

頬に柔らかな感触が・・・・・な! 何をするのだレイ! 手元が狂うではないか!

「何をする! 授業の準備をしているのに」
「・・・・・・ふふ耳が真っ赤だ・・・  セブ可愛い  新学期は明後日だよ、十分時間はあるから・・・・・・ね? キスしよう?」

首に腕を回して、そのしなやかな肢体を我輩に擦り付けてくる・・・・・・スラリと伸びた四肢に華奢な肩は学生時代とあまり変わらないが、胸の膨らみや細腰など女性らしく体つきは変わっている

そんな魅惑の肢体を我輩に寄せてくるなどと・・・・・・・こんな愛おしいお強請りに、勝てる男はいるのだろうか? いや、いないであろう!

だが、やられっぱなしは我輩の性分ではない・・・・・少し屈んで耳元に、熱く、甘く、囁けばレイはポっと頬を染めて羞じらいながらも頷いた

『キスだけでいいのかな? 我輩はお前の全てを味わいたいのだが・・・・・・』

我輩はレイを抱き上げ、無言呪文で寝室の扉を開けて中へと入る。

もちろん、無言呪文で私室には誰も来ないように結界を張っておいた・・・・・・我輩は準備がよいのだ

「愛してる、レイ」
「セブ・・・・・・愛してる」

まあ、その・・・・・・何だ。  我輩達は熱く愛を確かめ合っていたのだ

******

二人で十分に甘い時を過ごしたあと、夕食の前に職員室に呼ばれた我輩達はそこで新しい「闇の魔術の防衛術」の教授を紹介された

「ギルデロイ・ロックハートです! 以後お見知りおき下さい」

紹介されている時から長々と自分の事を話している、この男が何を思ったのかレイの手を取り甲に口付けている

・・・・・・・・・・・許さん! レイは我輩の大事な恋人だぞ! 勝手に触れていいとでも思っているのか!!
いや、他の何人さえもレイには触れてはならん!!! 

「離してください」
「遠慮なさらずに! 私に触れられてビックリしているのですね! ああ、可愛い人・・・私はもう貴女の虜です」

我慢ならん!!  我輩はローブの下で杖を握り、呪いでもかけてやろうとすると・・・・・・レイが、怒りのオーラを纏い始めた

我輩はギルデロイの手をレイから叩き落としてやったが、彼奴は懲りずにレイの肩に腕を伸ばしてくる

「離せ!」
「そんなに照れなくてもよろしいじゃないですか?  私が、この魔法界の宝のギルデロイ・ロックハートが貴女を好きだと言えば、照れてしまうのもわかりますが・・・」

「・・・・・ぷつっ」

なんの音だ?  何か・・・・・・縄か何かが切れたような音がしたのだが・・・・・ 我輩の気のせいか?

「離せって言ってるだろうが! 白(ハク)・紅(コウ)!」
レイの前に2匹の・・・・・・真珠色と深紅の龍が現れてギルデロイに威嚇している

コウは口から炎を吐いて彼奴のローブの裾を燃やしている

「いいか、よく聞け! 私に触れていいのはセブルスだけだ!  今度、私に触れたら、その時は・・・・・」

腕を組んで仁王立ちするレイが、その大きな煌びやかな瞳で睨みつけている・・・・・・さすがに彼奴も、龍に噛みつかれそうになり首を竦めて話を聞いているようだ

「その龍達の餌にくれてやるぞ・・・・・・骨も残さずにな くっくっくっ・・・」

冷たい声を出し、睨みつけていたレイが「ふっ」と笑うと、我輩に擦り寄り腕を絡ませる

我輩も彼奴を睨みつけているのを止めて、ニヤリと笑いレイの腰に腕を回して見せつけてやる

「ロックハート・・・教授?  レイは我輩のものという事を覚えておいてもらおう・・・・・・貴様などにレイの髪の先さえも触れさせはせぬ!  もし触れれば我輩は貴様を葬るかもしれぬな。  御忠告しておきましょうぞ」
「ひぇええええーーー 」

慌てて職員室を出ていく腰抜けに、ふん!と鼻を鳴らせば懐に感触が・・・・・・レイが我輩の腰に両腕を回して抱きついているではないか!

こ・・・こ・・ここここここ・・・・・ ///////   ここは職員室ですぞ! 嬉しいが控えなければ・・・・・嬉しいがな

「レイ、ここは職員室ですぞ  離れなさい」

「いいですよセブルス  連絡事項は伝えましたから部屋にお戻りなさい」

何が良いのかさっぱり分からぬが、マクゴナガルに素直に従い我輩に抱きついたままのレイとともに私室に帰ることにした

普段、規律に厳しいマクゴナガルが見逃すなど・・・・・・おかしなこともあるものだ。。。

*****

2人が出ていった後の職員室では。。。。。。

「ミネルバや・・・  セブルスにも、やっと春がきたようじゃの」
「ええ、ええ、アルバス!  あの2人はもっと幸せになっていいはずですもの」
「ミネルバや・・・ 式場のパンフレットでもセブルスに贈ろうかの?」
「まぁまぁ、それでは私はドレスのカタログを贈りましょう!」

ダンブルドアとマクゴナガルが盛り上がれば、他の先生方も加わって大盛り上がりに職員室が大騒ぎになっていた

「セブルスにプロポーズさせないといけませんわね」
「だが、あのスネイプ教授が・・・・・・大丈夫でしょうか?」
「そうですわね、奥手すぎるほどの奥手のセブルスですからね  これは今学期の大きなテーマですわ!」
「10月になればハロウィンもありますからな 仮装でですね・・・・・・」

「先生方からも愛されておるのう、セブルスよ。  ふぉふぉふぉ・・・」

生徒がいない夏休み、新学期の準備を終えている各教師陣は、楽しい娯楽を見つけていたのだった

その頃、スネイプ教授に背筋に悪寒が走ったのは言うまでもないこと。。。。。。

『何だ、この嫌な感じは・・・』

「セブ・・・余所見しちゃヤダ・・・」
「我輩には、お前しか見えてはおらぬ・・・・・・」

「んんっ・・・・あふぅ・・・・・んん・・・・・」
「可愛い・・・・・・レイ」

地下の薬学教授の私室では、またしても甘い時間が流れているのだった。。。

*****

本当は、途中で濡れ濡れな濡場を書こうかとも思いましたが、1発目からパス付きで・・・ってのは ちょっと勇気のない管理人でした

あと、これの続編で「決闘クラブ」を書きたいです!!!

もう是非、あの教授のキレのある決闘シーンと、それにかまして色んなもの絡ませたいです(笑)

ああ、暴走気味な私・・・・・・




関連記事

コメント

☆あき様へ☆

あき様、こんにちは♪

こちらこそ、今年もよろしくお願いします \(^o^)/

> 実はちょっとお正月に利き腕を怪我してしまい、なかなかコメントができませんでした(>_<)
うわわわ! 大丈夫ですか? 利き腕が使えないと不自由という言葉よりも、生活がしにくいと思います。
早く利き腕が回復されることを、祈ってます・・・・・・

> すーさんの書きたいお話は魔法使いさんだったんですねー(^w^)
ええ、そうなんですの・・・////// (有名所なので、今更恥ずかしくなっております)

> 私はハリポタはテレビ視聴のみでしかもあまりじっくりとは見ていなかったのですが、すーさんのSSのセブ&レイがとても魅力的なので、今度は主人公以外のキャラに注目して観ようと思います。

魔法使いさんはリアルで映画館で1回目から視聴していました・・・・・・其のときから私の視線の先には黒い人(教授)が主人公のように映っておりまして(笑)

本当は少年が主人公なのですがね、色々とその頃から妄想竹は生えまくってまして・・・(笑)
ただ、こういう風に「書いて」自分の中のアレやコレやを吐き出せるということを知らなかったんです

映画や原作では孤独な道を歩むスネイプ教授ですが、ここでは甘く、切なく、そして幸せにしてあげたいです

> これからも楽しみにしています♪
おお! ありがとうございます!  映画は子供世代からのお話なのですが、私は親世代から書いていきます
筋書きは私の中で、ほぼ決まっておりますので楽しんでいただけたら嬉しいです

今年も、読んでいただけたら幸いです (-^〇^-)

すーさんへ

すーさんこんにちは♪年末のご挨拶以来なので、遅ればせながら、本年もよろしくお願い致します(^w^)
実はちょっとお正月に利き腕を怪我してしまい、なかなかコメントができませんでした(>_<)
すーさんの書きたいお話は魔法使いさんだったんですねー(^w^)
私はハリポタはテレビ視聴のみでしかもあまりじっくりとは見ていなかったのですが、すーさんのSSのセブ&レイがとても魅力的なので、今度は主人公以外のキャラに注目して観ようと思います。

これからも楽しみにしています♪
Secret

プロフィール

すー※さん

Author:すー※さん
私的妄想世界が広がっております。
イチオシは窪田正孝さんの役柄いろいろ妄想話です♡(その他にも相棒の神戸さん、スネイプ先生や善徳女王など色々でございます)

最近は更新ができてませんが、発作的に投下してます。
8月、9月の試験に受かれば時間ができるので、それまでは見守っていて下さいませ。

合言葉は『シリアスからエロまで』・・・・・楽しんでいただければ幸いです。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Cat Home

暁の唄

ちび眼鏡日記

月が浮かぶ夜

まきまきまき

うみにふわりふわり

snowdrop

みやびのブログ

よみよみ

SweetBlackな世界

日々のこと

きみと手をつないで

shibushibuuu

ゆめの世界

井の中の蛙

月の舟 星の林

古いおもちゃ箱

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR