【月が輝き、調べが響く】

スンマンが新羅に戻って、トンマンと会うまでのお話になります。

ヨムジョンとスンマンの関係を補足したくて書きました(笑)
※※※※※

「やぁ……相変わらず賑わっているな」
店の前に立つ二人の用心棒に、一人の男が話しかけた。


用心棒達は、店に立ち入り禁止になった男と押し問答をしていた時で、ろくに見もせずに怒鳴り付けようと空気を目一杯吸い込み口を開けた。

「……貴方様は!!」
一人の用心棒が慌てて怒鳴りそうになっているもう一人の胸を叩いて止めさせる。

「げほっ、何だよ!こんな優さ男、新顔だし~店に入れないだろ」
「馬鹿!……新入りお前だろ! この御方は別格なんだよ!」
「……兄貴が言うなら、ほら!通れ!」
偉そうに指示した新入り用心棒は、相方にこっぴどく頭をこずかれた。

「いてぇ~よ!何で殴るんだよ」
「馬鹿!まぬけ!……この御方にそんな口をきいて……ヨムジョン様に殺されるぞ」

「ふふっ……チョルスといったか?」
「はい」
「少し話が聞きたい……店に行こう」

兄貴分の用心棒が、ごつい体を小さくして男についていった。

「まったく……さぼるなよなぁ~兄貴」
※※※

ヨムジョンの店ではない場所で、酒を勧められたチョルスは聞かれるままに話していた。

やがて、某かの金子をチョルスに与えて口に人差し指を立てた男の、悪戯っ子のように輝く瞳に少し呆けたチョルスも仕事に戻っていった。

「お客さん、いい男ね~……ね、今晩あたいの部屋に上がらない?」
酌をしにきた妓女が隣に座り、しなだれかかったがどこかぎこちない……

肩に置かれた手を取り、女を……じっと見詰める。
すると、恥ずかしそうに女が下を向き手を抜こうとする。

「綺麗な手だな……」
「私の手なんて、お客さんの方が綺麗だわ」
「ふふっ……綺麗だ」女の指に口付けた。
「あ! 私の手なんて荒れてて汚いのに……」
「汚くなんてない、働いてる手だ……私の好きな手だ」静かに微笑む男の美貌に…………女の息が止まる。

「お客さん……」
「名は?」
「私、タンシムと言います」
「タンシム……可愛い名だね」

男は懐から酒代と薬壺を出した。

「これを手に塗りなさい……痛みが引くから」
「ありがとうございます」
大事そうに懐にしまったタンシムが、ペコリと頭を下げた。

「お客さん、また来てね!きっとまた来てね!」
「今夜は用事があるからタンシムの部屋に上がれないが……また来よう」
「お名前を聞いてもよいですか?」

「私の名は、スンマンだ」

微笑むスンマンを見送ったタンシムが、大事そうに胸を抑えていた。

「きっと来てね……」

※※※

すっと扉が開き、部屋の中に滑り込んで来たのはスンマンだった。

部屋の中央の机に足を乗せ、椅子にふんぞり返って座っているのはヨムジョンだった。

この賭博場や妓女宿、百済や高句麗にも行き商売を手広くしている商人がヨムジョンだ。

熱い湯で濡らした布を顔に被せているからか、ヨムジョンはまるっきりスンマンに気がつかない。


「ヨ~~ムジョン」
「「「わぁ~~~!!」」」
椅子から転げ落ちたヨムジョンが、尻を擦りながら立ち上がった。

「勘弁してくださいよ~……この頃、俺は心臓が弱いんですから~~」

「そんなに驚く方が不思議だな」ふふっ……と笑いながらヨムジョンの前に座るスンマン。

スンマンに薫りの良い茶を煎れながら、ヨムジョンが愛想笑いし喋る。

「さて、ヨムジョン」
「は…はい」
「私に隠れて何をした?」

びくっと肩を竦めたヨムジョンは、わざとらしい笑い声を上げながら茶を置いた。

「はぁ~はっはっはっ……スンマン様に隠れて私が何をしますか~」
「ふふっ……ヨムジョン、昔から商人のくせに嘘が下手だね」にっこりと笑ったスンマンが、一番危険だという事は骨身に染みている。

「ス…ス…スンマン様?」

「密偵を使って何をした?」
「……」
「暗殺者のフクサンを使ったな……誰に何をした?」
ゆっくりと静かに話しているスンマンの声が、ヨムジョンには雷鳴ほどに響いて聞こえた。


「ふふっ……私はね、お前の自由を縛るつもりはない」
ゆらりと立ち上がったスンマンが、ヨムジョンの隣に来た。

「だがな……誰かの命を奪った事を、私に言わなかった訳を……聞きたいのだよ」愉しそうに笑うスンマンが、ヨムジョンの顎に手をかけ上向かせた。

屈み込んでヨムジョンの顔のすぐ前に、スンマンの顔がある。

にぃ~~~っと笑うスンマンが世界中で一番美しく、一番恐ろしいとヨムジョンは思う。

蒼い焔が立ち昇る瞳が細められた。

………怒ってらっしゃる! 今までに見たこと無いほど怒ってらっしゃる!……

ぶるぶるっと震えたヨムジョンは観念して全てを話し始めた。

※※※

「三韓地勢?……確かお前が資金や情報を与えていたと聞いたぞ?」

「はい、ムンノに……20年ですよ」
「私と出会う前からだな」
「百済や高句麗に渡る金や情報、ぜぇ~んぶ私が面倒をみたのに二、三回合った男に渡すと言いやがった」

「スンマン様、信じられますか? 金を使うだけ使っておいて! 自分だけの物だと弟子にも渡さずにユシンに渡すって」

「弟子のピダムも面白くなかったのか、ムンノと剣でやりあってたんですよ~」

黙って聴いているスンマンにべらべらと話すヨムジョン……

「さすが国仙ムンノ公……自分が仕込んだ強~い弟子と、真剣にやりあってくれたからこそ、フクサンの毒針が当たったんです」

「その三韓地勢はどうした?」
「へ? いやぁ~……あれからピダムが店に乗り込んできましてね。とられちゃいました」

「国仙ムンノ公が……」

「スンマン様には詳しくお話ししてませんでしたが……金を工面するのに失敗して死にかけたんですよ、私は」
「ああ……お前が出会った時に言っていたのはこの事か」
「そうでございます~……スンマン様に拾って頂かなければ、私はあの時に死んでましたし、そうすると金も無くて三韓地勢だって書けなかった!」

「ふふっ……それで全部かな?」
「……私は、三韓地勢をスンマン様に渡したかったんです」
「ヨムジョン?」
「歴とした聖骨のスンマン様に渡して役に立ててほしくて……」
「ピダムにはチュンチュに渡そうと話してたな?」
「お聞きになってたんですか?」驚くヨムジョンをしりめに、席に戻ったスンマンが茶をゆっくりと飲んでいる。

※※※

「ヨムジョン……三韓地勢は忘れなさい」
「ええ?」
茶を飲み終えたスンマンが、きっぱりと言うと……

「そんなぁ~……あれを書かせるのに、どれだけ金を使ったと思うんですか~」
「だが、私がいなければ無理だったのだろう?」
「はい」
「私に渡したくてムンノ公を暗殺したのだろう?」
「はい!そうです」
「その言葉が本当ならば……持ち主は私という事になる」
「ええ!ええ!そうでございます」
「……なら私は要らないから、弟子のピダムという者が持っていればいい」
「スンマン様~~」
「今の新羅に三韓統一は無理だ……」
「へ?」
「中原から戻る帰路に見て回ったが……国力が落ちきっている」
「国力……」


微笑んだスンマンが何を考えているのか……ヨムジョンには解らなかった。

茶を煎れ直しスンマンの前に置きながら、残念そうにヨムジョンは肩を落とした。

「本当に諦めなきゃいけないんですか?」
「弟子と二人で書いたのなら、ムンノ公亡き後はその弟子の物だ」
「しかし……」
「いくら長年、金を工面していたとて……暗殺していいという道理は無い!」
ぎらり……と眼だけでヨムジョンを射た。
「ス…スンマン様~」
「しかも、国仙ムンノ公を殺した……会ってみたかった御仁を……」
「へ? スンマン様が会いたかった? ムンノに?」

「取り返しのつかない事をしでかしたな……ヨムジョン」

自分がどれほどスンマンの怒りをかっているか自覚したヨムジョンが、がばっとその場で土下座した。

ヨムジョンは、額を地面に擦り付け詫びた。
「申し訳ありません、申し訳ありません」


「ヨムジョン……言い渡しておくが、これからは私の指示に従え……」
「……新羅に戻られるのですか?」
「ふふっ……そうだ」
「スンマン様の御指示に従います!」

「裏切りは許さないよ……」静かに微笑むスンマンを見たヨムジョンが、ぶるっと震えた。


……剣を喉元に突き立てられても、これほど怖いと思ったことは無い!……
……身震いするほど怖い方だが、目が離せないほど綺麗だ……

「確と言い渡したぞ……ヨムジョン」
「はい!!」

「では、またな」
すっと立ち上がったスンマンが、後ろを見ずに部屋を出ていった。


「ああ……おっかなかった」
土下座のままだったヨムジョンが椅子に座り一息ついた。

「はぁ~~……あの方だけは裏切れない……」

澄みきった月のような美貌のスンマンを思い出し、ヨムジョンは静かに考えていた。

※※※

「女将、部屋はあるか?」

スンマンはヨムジョンの店を出た後、先程の店に戻っていた。

宿屋も兼ねているその店で泊まるつもりか、スンマンが聞くと……

「はい、ございますよ」
「風呂付の部屋がいいが……空いてるかな?」
「空いてますが……お銭の方は大丈夫なんですか?」
「ふふっ……前払いしておくよ」
強欲そうな女将の手に銀牌を一つ乗っけると。

「い……今すぐに御用意致します」
飛んで奥に入って行った。


「お客さん……」
タンシムが側に立った。
「用事が済んだから来たんだ……酒の用意をお願いするよ」
「はい!」


しばらくして……酒と肴を並べたタンシムとスンマンが、楽しそうに飲んでいた。

店の他の妓女達が、ちらちらとスンマンを気にしている。

「あんな新入りが上客を掴んで……悔しい~」店で一番の妓女が歯ぎしりしていた。

先日、田舎から口減らしの為に売られてきたタンシムは、酌も満足に出来ず、とろくさい事から皆から馬鹿にされていた。

女将も使えないタンシムに、店の妓女達の洗濯物を全部やらせたりしている。

スンマンが最初に店に入った時も、女将に突き飛ばされる勢いで客の相手になろうと来たのだった。

「お好きな肴は何ですか? 持ってきます」
「もう……十分だよ」
「……でも」
「ふふっ……じゃタンシムが食べたいものを持ってきてくれないか?」
「いいんですか?」
黙って微笑むスンマンにペコリと頭を下げて、タンシムが調理場に引っ込んだ。

すかさず、先程悔しがっていた妓女が自分の客を放ってスンマンの隣に座り込む。

「お客さん、私と飲みましょう」
「貴女は自分の客をどうするの?」
「あんな野暮天どうでもいいわよ」
しなだれかかり酒を注いで飲まそうとする妓女を、そっと押し退けたスンマンに妓女は腹をたてた。

すぐに自分に熱を上げてる客の所に行き、大袈裟に喚いてみせる。
「あの優さ男を殴ってよ」

いいところを見せたい男がスンマンに殴りかかったが、すっと避けられ……腕を取られて宙に舞った。

タンシムが料理を持ってきたまま立ち竦んでいる。

優しくその肩を抱いたスンマンが、用意された部屋にタンシムと消えていった。

後には女将が妓女を叱る声が響いていた。

※※※

………ちゃぷん………

花を浮かべた湯に浸かり……中原からの疲れをとるスンマン。

タンシムも下衣になってスンマンの肩や背中を按摩している。


部屋に付き、直ぐに服を脱ごうとするタンシムの手を止めたスンマンが、自分が女であることを明かした。

驚いたタンシムだが……寂しげに笑うスンマンに笑い返した。

「徐羅伐に来て初めて私に優しくしてくれた………スンマン様はスンマン様です!」
素朴な笑顔がスンマンの心に染みた。

※※※

後日、スンマンの宮に侍女見習いとして働くタンシムがいた。

スンマンの衣装を管理し、男装も公主服も主を魅力的に装うことに生き甲斐を見つけていた。

貰ったお給金をそのまま家に送るタンシムは生涯スンマンの傍にいた………
     

【ある新羅の一日……】

何だか日常のドタバタが書きたくなってしまって……

短編シリーズは【】←この様に表記したいと思います。
何気なくドタバタな一日をどうぞ

※※※※※
まだ夜の暗さに朝陽が負けているようなとき………

スンマンの宮に元気に飛び込んできた者がいた。


「おい!スンマ~ン」
「馬鹿者! 止めぬか!」
ピダムが飛び込んで行き、アルチョンが必死に止めていた。

「え~? 別にいいじゃんかよー……遠乗りに行こうって、言い出しっぺはスンマンだぞ」
「それにしてもだ! こんな朝っぱらから騒ぐ奴があるか!!」
ついつい力が入ったアルチョンが、まさか自分の声の方が五月蝿いとは思わずにいた。

「まがりなりにも公主の宮だぞ! 行くな!!」
「俺ならいいんだよ~ん」
「ピダム! 入っていくな! あんなに漢にしか見えなくても公主なんだ!」

ぴたりと立ち止まったピダムが……呆れたようにアルチョンを見た。

「アルチョン、お前の方が失礼だと思うぞ」
「ん? 何故だ?」

二人が立ち止まった部屋の中から笑い声が聞こえてきた。

「くっくっくっ……私は構わぬぞ」
スンマンの玲瓏とした声が中から聞こえてきた。

「んじゃあ~」
女官が扉を開け、二人は寝室へと歩く……

豪奢な寝台に寝転んでいるスンマンが、口に人差し指を立てていた。

寝間着の白い長衣が少しはだけている。
「スンマン?」
側に寄ったピダムが慌てて自分の口を手で塞ぐ……その様子が不思議でアルチョンも側に寄ると……

「ふふっ……静かにな」
「これは……」
「可愛い娘だろう?」

タンシムがスンマンにしがみつくように眠っていた。

……そぉ~っとタンシムの腕を身体から外し、寝台から降りたスンマンが隣の部屋を指差した。

「起こすと可哀想だからな……」

口を開けて呆けたアルチョンも我に返り、ピダムを伴って部屋に向かった。

スンマンが茶を煎れ二人の前に置き飲む頃には、アルチョンが憤慨して眉を吊り上げていた。


「公主というのに女と同衾するなど……いくら新羅でもあり得ません!」
「アルチョン、女同士だぞ?……同衾なんて」

優雅に茶を口に含んでいたスンマンが、にやりと笑ってピダムを見た。

「ピダム……女同士でも案外な……」
「へ?」きょとんと目を丸くしてスンマンを見詰めるピダム。
「ふふっ……あの娘とは添い寝しただけだ」
「不謹慎です!」アルチョンが怒っている。

それを、ちらりと見やったスンマンが愉しそうに笑う。

「何故だ?……昨晩は人肌が恋しくてな、つい……」さらり、と髪をかきあげてピダムを見るスンマンが、艶かしく……アルチョンの眼が泳いだ。

「まぁ、ちょっと寒かったもんな!」ピダムが呑気に答えた。
「だろう?」
「スンマン様! おふざけが過ぎます!」
「では聞こうか……アルチョン殿」

「はい、スンマン様」
「男なら女を抱いても不謹慎じゃない?」
「はい!」
「ならば私は?……男と寝台に居れば良かったのかな?」
「はい!」物の勢いとは恐ろしい……後にこの、つい出た言葉をアルチョンは後悔した。

「ほぉ~……」愉しそうに目を細めたスンマンに、アルチョンの《しまった!》という顔が写る。

「あ!いや、そうではなくて……スンマン殿!」
「男なら良いのか……ピダム、私と寝てみるか?」

ぶぅー………
それまで面白そうにアルチョンを見ていたピダムが、思いっきり茶を吹き出し、むせて咳き込んだ。

「げほっ……うっ…他を当たってくれ」
「そうか……ならばアルチョン殿はどうか?」
「ぶっっ!」
アルチョンも茶を吹き出していた。

「なんだ二人とも、私を抱けぬか?……不甲斐ない奴等だな~……くっくっくっ」
「早く遠乗りに行こうぜ~……馬見たい! 馬!」ピダムが焦れてスンマンを急かした。

「分かった、着替えてくる」
席を立ったスンマンが、着替えに部屋に入るとアルチョンも席を立つ。

「私は公主様の護衛に戻る! ではな!」
そそくさとピダムに言いおいて宮を出ていった。


「ふふっ……逃げたか? からかい甲斐のある御仁だな……」
着替えを終えたスンマンが、居なくなったアルチョンの事をこう言っていた。

※※※

……何なのだ! あの公主は!

どかどかと歩いてトンマンの宮に戻ったアルチョンが、先程のスンマンの愉しそうな笑顔を思い出し怒っていた。

……公主と言えば一国の姫だ! 男の成りはする! 剣を使う! 女と寝る! 破天荒にも程がある!

アルチョンは宮の中、トンマンの寝室へと続く間の前で部下のヤンギルと護衛についた。

……全くなっとらん! 公主と言えば亡きチョンミョン様のように、淑やかで賢く謹み深いのが理想なのだ!


……まぁ、公主服を着た時の美しさは、チョンミョン様にもひけを取らないが……

……だが! 普段の男装はどうだ? まるで男にしか見えん! 腕は立つ! 気迫も並ではない! 誰よりも漢らしい!


そこで……アルチョンは端と気がついた。

自分はトンマン公主が心配されているから、ピダムを止めようとしていたのだった。

「スンマンとピダムが組むとろくな事にならん……二人だけにせぬように様子を見てほしい」
出来るだけでいいから……とトンマンは付け加えていた。

トンマン自身、もう二人を止めるのを諦め始めていた……


「しまったぁ~!」
びっくりしたヤンギルを尻目に、護衛の人数を増やす手筈をしてアルチョンは宮を出ていった。

二人を追いかける為に……

※※※

「どうだ……気に入った馬はいたか?」
厩舎に並んだ馬を見比べたピダムが、やがて一頭の馬の顔を撫でた。

全身が真っ黒のその馬も、大人しくピダムに撫でられていた。

「こいつがいい」
「ふふっ……ピダムと性格が会うだろう」
鞍を載せ、ピダムが跨がっても大人しくしているその馬に、馬番が驚いていた。

「スンマン様にしかなつかねぇのに……」

厩舎に居る二十数頭の馬は、スンマンが中原から連れてきた馬達だった。

どれも立派な馬で、一頭でも売ればいくらになるか分からない名馬達だった。


「これだけ馬を集めて……何をする気だスンマン?」
「騎馬隊を作りたいのだ」
「騎馬隊?」
「ああ…… 馬を操り馬上から弓矢を射り、敵を撹乱させる機動力も欲しい」
「戦にか?」
「将来、必要になるはずだ……」
「そうだな」
「遠乗りから帰ったら姉上に聞いてもらうか……」
スンマンが自分の愛馬に鞍を載せると、馬が嬉しそうに嘶いた。

「さ、遠乗りに行こう……朝飯は市場で何か食べるか」
「おう!」


さっ…と二人が馬に乗り走り出した。

あっという間に城を出た二人の姿は、遠く小さくなりやがて消えた。


アルチョンが厩舎に着いたのは、とっくに二人が出た後だった。

※※※

「それでアルチョン殿は、残念がっておられるのですか?」
トンマンが、くすりと笑いながらアルチョンをからかう。

「残念がってなどおりません!」
への字になった口を見てトンマンが楽しそうだ。

「しかしながら、スンマン公主様には少し自重してもらった方がよろしいのでは?」ユシンが話を聴いて考えている。

「ユシン殿?」
「御自身がどれほど尊い存在なのか、分かっておられるのかと……」
「スンマンは十分に自分自身を分かっています」

「しかしながら」
「私の剣にも楯にもなると……言っていました」
「それは我等が致します!スンマン殿は聖骨ですぞ!」力が入ったアルチョンに、トンマンは静かに言った。

「スンマンは私とチュンチュに新羅を委ねたいと言い、自分は喜んで礎となると……その為に命も私に捧げると誓いました」

「何処からそれほどの覚悟がでてくるのだ!」アルチョンが驚嘆して呻いた。

「もし必要ならば誰にでも嫁ぐし、誰をも抱いてみせると……聖骨の公主としての使い道もあるからと……」

ふふっ………姉上、もしミシルの陣営を引き込むために必要ならば、〔色供〕として誰をも抱いてみせましょう……

そう言ったスンマンの清々しい笑顔を、トンマンは思い出していた。


「なんという御方だ……」ユシンが呻くように呟くと、アルチョンも頷いている。

「スンマンとピダムが戻ったら私に報せてくれ……少しはお小言も言っておかなければな!」トンマンが立ち上がり便殿へと歩いていった。
※※※

宮殿から出た二人の馬は、日が中天に昇るまで駆け続けた。

途中……市場で朝食を食べ、田畑で穀物の実りを確かめながらピダムと馬を楽しんだスンマンは、草原で寝転んで休んでいた。

馬も草を食みのんびりと立っている。

ピダムも横に寝転んだ。

「なぁ、スンマン」
「ん?」
「お前さ……何で俺に友になろうとか言ったんだ?」
「ん~……何故だろうな、私にも分からん」
「え~~」
「ふふっ……あの時かな」
「ん?」
「宮殿での最初の夜、ソクプムが姉上を侮辱したとき……」
「ああ……あれか」
「私に近付く足音が、ソクプムの言葉が聞こえて怒気を孕んで追い抜いた……そのまま殴ろうとしていたのが分かって……」

くすくすと笑い始めたスンマンに、ピダムも笑った。

「あはっ……聞こえた途端、頭に血が昇ったんだ」
「私もだ」

二人の笑い声が草原を渡っていった。

馬が何事かと主の顔を覗いている……

「あの時かな……お前に興味がでて、比才で闘って気が合うと思ったのは」
「へぇ~」
「お前といると余計な気を使わなくていい……」
「俺もだ」
「ん?」
「お前が公主様を侮辱されて怒ってたのが……嬉しかったんだ。 ユシンやアルチョンも怒るだろうが、あいつ等はそんな姿を見せないからな」
「ふふっ……」
「比才で闘って、呼吸って云うのかな……凄く合うのも楽しかった」
「そうだな」
「本当は聖骨の公主様で、雲の上の人なのにな!」
「飯も食べれば出すもんも出すが」
「おい! 女が云うなって」
「くっくっ……はっはっは~」
「ははははっ!」

穏やかな風が二人のうえを流れていった。

※※※

夕刻、もう日も暮れようとした時刻に二人が戻ってきた。

そのままトンマンの宮に現れた二人は………

「スンマン、ピダム!座りなさい」
二人が座りトンマンがお小言を言おうと口を開けると………

「姉上、今年は南の方の田畑は害虫の被害が酷いようです」
「いつもより収穫高も減ると、農民達が嘆いていました」
「なに!害虫か……」
「はい、いずれ税を免除してくれと貴族から申し入れがあるでしょう」

「分かった、対策を考えなければな」


「それと姉上……提案が」
「何だスンマン」
「騎馬隊を作りたいのです」
「騎馬隊?……今のでは駄目なのか?」
「馬上から弓を打ち、飛ぶように走る騎馬隊がいずれ戦で役に立ちます」
「一から育てるなら大変なことだな」

「最初は徐羅伐の郎徒から選び、後は地方からも集めて部隊にしたいのです」
「分かった、陛下にも話しておこう」
トンマンも頷いた。

「さて、スンマン」
「はい、姉上」
「ピダム」
「はい、公主様」


「今後は二人揃って黙って宮殿を出るな!……せめてアルチョン殿に言っておけ」

「分かりました、姉上」
「はい、公主様」
「特にスンマンは宮殿を出るときは必ず言いおくように」

「ふふっ……姉上、子供ではないのですから」
「あ? そうだな……だがな私の為にそうしてくれないか」
「姉上……」
「突然、チョンミョン姉上のように喪うのは……もう嫌なのだ」
トンマンが涙の滲んだ顔を俯いて隠した。

スンマンが前に跪ずいてトンマンの顔を見上げ、掌で頬を撫でる。

「姉上の許しがない限り死にません……私が強いのは知ってらっしゃるでしょう?」
膝に置かれたトンマンの手を、ゆっくりと両手で包み安心させた。

「もう大丈夫です」トンマンがにっこりと微笑んだ。

「公主様! スンマンの強さは俺が保証しますから」
「ピダムが言うなら安心だな」


そして、ある一日が暮れていった。


※※※※※

書いてる私が楽しんでます

【ある一日】シリーズにしたりして
     

【ミセンの楽しみ……人には迷惑】

スンマン×ポジョンのサイドストーリーです。

二人はすでに結ばれていますが、そっちは此方のブログでは絶対にNGなので上げません。(只今、他のブログに移ろうか思案中です)

ただ、このくらいなら大丈夫かな?ってお試しです。

スンマン×ポジョンが嫌な方、並びに善徳女王に興味の無い方はパスして下さいね~



記事が見れなくなったら削除します。


※※※※※

「はぁ~はっはっはっ」ミセンの高笑いが夜の町に響く。

「ミセン叔父上、そんなに大声を上げたら周りに気づかれます」
「いいじゃないかポジョン!……ハジョンとお前とを初めて私が接待してやろうとしているのだからな……」
「そうだぞポジョン!お前は黙っとれ!」ハジョンが何時ものようにポジョンを怒鳴り付ける。

「……では好きにして下さい」
ポジョンは不貞腐れたようにそっぽを向いた。


………あの方から今宵、あの屋敷で待つと言われたのに………こんなの放って行ってしまうか!

ポジョンが姿を眩まそうとしたのを察したのか、のろのろと歩いているポジョンの腕をミセンが掴み、急かしている。


「さ、着いたぞ甥達よ!」
「ここはいつも叔父上が使っている店ですか?」ハジョンが楽しそうに………というよりも涎を垂らさんばかりに興奮して聞いた。

「いや、初めてだ………だがな美女を揃えていると評判で気になっていたのだ」
………ヨムジョンの店はチュンチュ公が居るからな、鉢合わせはまずいだろ……ミセンにも都合があるのだ。


「入るぞ」
「わくわくします~叔父上!」
二人が嬉々として入って行ったがポジョンは躊躇った。

……今なら逃げられるか………
辺りを見渡し踵を返して行こうとしたとき……

「?……まさかな」目の端に愛しい御方が見えた気がして止まってしまった。

「何をしておる、早く来い」
その一瞬の間でミセンに捕まって、ポジョンは店に引っ張られて行った。

※※※

広い部屋で店の自慢の妓女達を眺めながらミセンは、高笑いがでていた。

「ん~ん~、美しいのばかりだな」
「どれでも良いのですか?」ハジョンの涎を拭かせながら頷くミセン。

「ポジョン!お前も選ばぬか………わしらは先に行くぞ」

ミセンもハジョンも店の一番良い美女を傍らに引き寄せ、それぞれの個室へと入って行った。


………さ、今のうちに!

席を立ち、帰ろうとするポジョンの腕を女将が捕まえ座らせる。

「店のとっておきの女がいますから」
「私はいい……帰るからよいのだ!離せ!」

二人の後ろから妓女が扇で顔を隠しながら近づいてきた。

「ふふっ……つれない事を言わずに、私とお酒でも飲みませんか?」

……この声は?……
玲瓏と通る声は聞き覚えがあった。
いや、忘れようとしても忘れられない……あの方の声!

後ろを見れば、扇で顔を隠す妓女が立っていた。

しなやかな躯に肩も露な妓女の服が艶かしい……が、女にしては背が高かった。

ちらっと扇をずらせば……

「スン……」危うく名を叫びそうになった口に白い指が止まった。

「スジョンと……お呼びください」
「ス……スジョン」
「女将さん、あの部屋を使いますね」
「ええ、どうぞ。用意は整っていますよ」

「では主さん、参りましょう」白い手がポジョンの腕を取り案内していく。

「おい、ポジョン!ちゃんと選んだのか」
部屋から女を待たせて様子を見に来たミセンが、奥の部屋に消えていく二人を見た。

扇がずれた妓女の横顔が余りに美しく……そのままミセンはしばらく動けなかった。

「また来ればよいか」自分が選んだ妓女を一先ず楽しむ事にしたミセンは、後々後悔することになる……

※※※

部屋に入り扇を卓に置いて現れた顔は、スンマンだった。

「何をなさっているのですか!」思わず大声で怒鳴るポジョン。
「くっくっくっ……」
「笑い事ではありません!」
「私の誘いを断って、何処へ行くのかと後をつけたら……妓房だろ?」

「それで妓女の格好までされて、私をからかいに来られたのですか?……物好きにもほどが……」はたと気がついたポジョンの顔が赤く染まった。

「まさか、私を追いかけて……」
「ああ」

「まさか、他の女を抱かないように……」
「ああ」

「まさか………妬いておられる?」
「悪いか?」

「………貴女が?妬いておられる?」
「そう何度も繰り返すな………それとも、今宵は別の相手がよいのか? ならば邪魔をしたな」

すっくと立ち上がったスンマンが、妓女の格好にもかかわらず仁王立ちになっていた。

「私も今宵は別の相手と楽しむ事にする。……さらばだ」
部屋を出ていこうとするスンマンをポジョンが抱き止める。

「離せ……」静かに言うスンマンの躯をもっと強く抱きしめた。

「私を追いかけて下さるなど……信じられなくて」
「……何故だ」
「私だけが貴女に焦がれ、恋狂っていると思っています」

「最初は興味があってつけていたが、妓房に入るのを見て腹がたった」
「妓女の格好は?」
「店の女将に金を渡して服も部屋も用意させた。……化粧も慌てたから酷い出来だ」

くるりとポジョンに向き合うスンマンの、常にはない化粧を施した顔にポジョンはどぎまぎして視線を落とした。

「目を逸らすほど変だとは思わなかったな……」憮然と言うとスンマンは酒を盃に入れ、がぶりと飲み干す。

椅子に足を組んで座り酒を煽る……三杯飲んだ所で手を止められる。

「私に触れるな………部屋から出ていけ、ポジョン」
ポジョンの手を振りほどき盃に酒を注ぎ飲み続ける。

「えっ?」
「好きに女を選び抱くがいい……」盃をあおり続けて、あっという間に酒が無くなった。

「ふぅ~……酒を持ってくるか」
部屋を出ようとするスンマンを慌てて椅子に戻した。

「聞こえなかったか? 今宵は別の相手と楽しむ事にしたと……」
「本気ですか?」
「冗談に見えるか? くっくっくっ……私に幾らの値がつくか見ものだな」にやりと笑うスンマンの前にポジョンは跪ずいた。

「お許し下さい。何かお気に障りましたか?」
「………」
「私を追いかけて下さったのに別の相手などと……」
「………」
「化粧をされると、余りに貴女が美しいので私は……何も言えず、見詰める事もできなくなってしまいます」

「………」
「妬いて下さったのが嬉しくて……天にも昇る心地です」
「……馬鹿者!」
「武骨な私は口が上手くなく、申し訳ありません」
「……他の者を抱くな」
「抱くつもりなど最初からありません」
「……」
「ミセン叔父に無理に引っ張られて来て……早く脱け出して、あの屋敷に行くことばかり考えてました」
「……」
「貴女の傍に行きたくて、叔父から逃げる事ばかり考えておりました」
「……嘘ならその首を切り落とす」
「本当ですから、仕方ありません」


「……酒を持ってくるか、お前も飲むだろう」
そっぽを向きながらスンマンは言った……どうやら、照れているらしい。

スンマンが立ち上がったとき、少しふらついた。
「スンマン様!」

危ない……とポジョンが抱きとめ、そのまま口付ける。

「貴女しか見えません……貴女しか欲しくない……貴女しか……愛せない」
「ポジョン……」

再び口付けた二人が縺れあうように寝台に倒れ込んだ。

※※※

「……まぁまぁだったな」ミセンが帰り支度をしながら呟いた。

用意されていた酒を一口飲み、ふと耳を澄ます。

楽士としても一流の腕を持つミセンは、耳も常人より良かった。

「ん?……これは」
微かに聴こえる……女の喘ぎ声か。

「これは……」扉を開け誘われる様に声を辿れば、ポジョンが入った部屋だった。

客達の色々な音が漏れないよう、壁は厚い妓房だが……如何せん扉が薄かった。

趣向を凝らして飾物が入った扉だが、上半分は紙が貼ってあるようなものだ。

とはいっても普通の人には聞こえない……色事には普通ではないミセンだから聞こえるのだ。

扉に耳を寄せるミセンがいやらしく笑った………

「ほっほっほっ……妙なる調べも各ありや、この女の声のなんと甘いこと」
妻も妾もその他も、こと気に入った女という女と睦みあったミセンだ。

女の喘ぎ声で、中の様子くらい目で見るほどによく解る。

「ほっほーー 女の方は感じやすいようだの。息も絶え絶えにポジョンの攻めを受け入れておる」


「ほほっ……ポジョンが欲しいとねだりおった……堪らんのぉ~ 鼻にかかる甘い声……極上の女のようだ」


「う~む……ポジョンを受け入れ益々声が良くなったわ。……羨ましすぎるわ」

「この様に極上の女を何故、私に回さないのだ!」


「……叔父上?何やってんですか?」

ハジョンが扉に引っ付いて盗み聞きしている叔父に呆れていた。

ミセンの耳が色事に関して異常に良くなるのに比べ、ハジョンは普通の耳だったので何も聞こえなかった。


「叔父上、帰りましょう」
「わしはもう少し聞きたいのだ」
「そういうの何て言うか知ってますか?」
「何だ、うるさいの~ハジョン!」
「うるさいとは何ですか! 出歯亀してる叔父上に言われたくありませんよ!」

「聴こえないではないか!」

「ああっ!……静かになってしまった」

扉が開いてポジョンが出てきた。

※※※

「ポジョン、何という妓女だ! 教えなさい」
「叔父上……静かにして下さい」
「いいではないか!」

簡単に服を羽織っただけで出てきたポジョンに、ミセンは食いついた。

「あのような妙なる調べを奏でる妓女と、私だって楽しみたいのだ」
「何と……叔父上?」
「お前に甘えて、欲しいとねだって……くぅ~~極上の女を掴んだようだな~……うわっはっはっはっ~~」

ポジョンの顔から表情が消えた。

部屋に戻り剣を手に出てくると、すらりと抜いてミセンの喉元に突き付けた。

「今すぐにお忘れ下さい……女も声も……」
「ど、ど、どうしたのだポジョン!……冗談はやめなさい」
「冗談……本気です!」ぎらりと睨む眼が本気だ。

「分かった!忘れる、きれ~いに忘れる!見事に忘れる!だからなっ、剣をひくのだ」
「お前、ポジョン!叔父上に何をする!……そんな身分でもないくせに!」

ポジョンが騒ぐハジョンを、ぎろりと睨むと普段の威勢は何処へやら……大人しくなった。

「忘れるから……剣をしまいなさい」


「主さん……来て」色っぽい声が部屋の中から呼んでいた。

すっ……と剣をしまったポジョンが部屋に戻り錠をかけた。

※※※

「くっくっくっ……ミセン公とは、色事には凄い力を発揮するのだな」
寝台に起き上がり笑っているスンマン。

「笑い事ではありません」
「だが……くっくっくっ……」
「子供が百人いる叔父ですからね……」
スンマンとポジョンが共に笑いあった。

「なぁ……ポジョン」
「はい、スンマン様」
「湯に入りたい……お前と」
「はい、スンマン様」
「ふふ……あそこなら聞こえないかな?」

「先程のように……こうして塞いで差し上げます」
優しく口付けたポジョンがスンマンを抱き上げ、湯船に向かった。


……貴女の奏でる調べは、私だけのものだ……私だけの……
※※※

後日、ミセンは店に来て妓女を捜したが、見つからなくてガックリと落ち込んだ。

諦めきれずにポジョンに一度、意を決して聞いてみたが……静かに剣に手をかけられ睨まれて終わった。


ミセンはしばらく、夜毎【あの麗しい調べ】が耳につき眠れなくなってしまったとさ。

※※※※※

如何でしょうか?

楽しんで頂けたら嬉しいな
     

②【ミセンの楽しみ……人には迷惑】

スンマン×ポジョンが嫌な方や、善徳女王に興味の無い方はパスして下さいね。
見れなくなったら削除します。

※※※※※

「まったく!!……あの妓女はどこに居るのだ」

また空振りに終わって店を後にしたミセンは、ヨムジョンの賭博場へと足を向けた。

あれから暇さえあれば店を訪ね、【麗しの調べの妓女】を探しているミセンだったが……皆目検討もつかなかった。

女将に金を握らせ、少しづつ口を開かせた事を整理すると……

妓女は店の女ではなく服も部屋も自分で借りた。
ポジョンが店に入ったとき、気に入ったらしい。
女将も素性は全く知らない。


「う~む、もしや人妻が密かに部屋を借り、気に入った男と遊んだ……という事かもしれぬな……」
見つける事は難しいだろう……とは思うものの、色事に諦めるという文字はミセンには皆無だった。

女将には、たんまりと金を掴ませ再び女が現れたら連絡するようにしてある。

「はぁ~……切ないの……」

※※※

「ほぉ~……ミセン公がな。くっくっくっ……」
「また笑われて……夜な夜な店に女を探しに行くともちきりです」

騎馬隊の執務室に二人で居たスンマンとポジョンが、ミセンの噂をしていた。

「それにしても……」
ふふ……と微笑むスンマンの瞳が、悪戯っ子のように煌めいてポジョンを捕らえた。

「自分では気がつかぬが、私の声はそんなによいか?」

「ごほっ……げほっ」
ポジョンがむせび、涙ぐむのを面白そうに見ながら背を叩くスンマン。
「ん?どうなのだ………私の声はお前しか聞いておらぬからな」
「何を言わせたいのですか?」
ようやく落ち着いたポジョンが、首から顔を赤くさせつつスンマンを見る。

「お前の本音だ」
「?」
「お前はミシル宮主の息子で……色供の一族の男だ」
「はい、そうですが」
「女を知っている……幾人もな」
「………はい」
「私は……口付け以外はお前しか知らぬ………お前が私で満足しておるのか解らぬからな……」

ポジョンの顔から笑顔が消えた。
「口付けは……誰となさいました?」
「ん?……」
「誰となさったのですか!」

「ふふ……実はな、酒が過ぎると口付けして廻る癖があってな……ふふ……」
「誰としたかも憶えてないのですか?」ポジョンは驚きで顔が青白んだ。

蒼白な顔のまま立ち上がりスンマンをきつく抱きしめ、口付ける。

「んっ!」
常になく荒々しく乱暴な口付けに息もできず……深く、重なる口付けに身動きもできない……

唇を離したポジョンが、スンマンを抱く腕に力を込めた。

「貴女の声を聴いた叔父さえ許せないのに……口付けなど!……一人、一人、消して廻りたい」
「……心配するな大抵は侍女だ」
「侍女?」
「酔うと人恋しくなるのか、侍女達に寄っていくらしい……安心したか?」
ほっとしたのかポジョンの腕が弛んだ、その隙にするりと抜け出たスンマン。

「執務室で何をする」
「申し訳ありません……つい」
「私の声か、ふふ……」スンマンの瞳が煌めき始めた。

また何か企んでおられるな……困った方だ。

苦笑しながらも愛しげに見詰めるポジョンだった。

※※※

その日の夕刻、ミセンに待望の報せが届いた。

「なに! とうとう現れたか!」
但し、この前のお連れ様もご一緒に……との伝言にミセンは考えた。

「女の目的はポジョンなのだろうが……またポジョンがよろしくして、わしは声だけなど冗談じゃないぞ!」

「ふむ、お連れ様とは言われたが、ポジョンとは言われなかったな……」

「………ハジョンだけ連れていくか」

「さ、家に戻り洒落た格好をしなければな……女が好みそうな……うひゃひゃひゃひゃ~」

「また一人で笑われて……どうしました、叔父上」
「おお、ハジョン!ちょうどよかった」
「はい?」
「この前の店に行かないか?ハジョン」
「叔父上の奢りですかぁ~?」
「奢ってやろう、だから、なっ!行こうではないか」

「はい、行きます」
「そうかそうか」
「ポジョンはどうしますか?」
「あいつは連れていかん!……では、今すぐ家に戻り着替えなさい」
「では、叔父上!きっとですよ」

わたわたとミセンが出ていった後、ポジョンが部屋に入ってきた。

にやにやと笑って自分を見るハジョンが気になったが、構わず行こうとしたポジョンを呼び止める。
「お前は可哀想だな~……」
「何がですか?ハジョン兄上」
「私は今夜、また叔父上の奢りであの店に行けるが……お前は誘うなと言われたぞ」

ぴたりとポジョンの動きが止まる。

「あの店に?……しかし叔父上はこの頃、頻繁に行ってるでしょう」
「今日は違うぞ、店に上がるつもりなのだ。着替えに家に戻られたからな」

洒落者の叔父のこと、例の妓女と逢えるのならまず服を着替えるか……

……スンマン様は何をされようとしているのだ。

ポジョンの顔が青ざめ、すぐに部屋を出ていった。

「ふん!ポジョンの奴、よっぽど悔しかったのか顔色が変わっていたぞ。うひひひっ」

※※※

「女将……手筈通りに致せよ」
「はい、お任せを」
「私からも、あの御仁からも、金をたっぷり取っただろ」
「へっ?……ばれてました?」
「それはいいから、きっちりと……な」
「分かっております」
「ふふ……では、私も準備するか」

スンマンは部屋に入り、服を妓女の服に変え念入りに化粧を始めた。

目の縁を紅く染め、目の上を細い筆で描いていく。
黒い線できわたたせた眼が妖しく光る。

そして色とりどりの花弁を眉を隠すように貼り、目の回りにも貼っていく。

ちょうど仮面を被るように、顔の上半分が花びらで埋もれていった。

不思議な事に、眉も花弁に埋もれ瞳だけ出した顔は妖しくて……スンマンとは解らなくなった。

「あとは……香りだな」

香炉に持ってきた香木を一欠片くべた。
煙りが立ち昇り、部屋中に香りが回る。
「ふふ……さて、どうなるかな?」

いきなり扉が開き、ポジョンが入ってきた。

「…………スンマン様?」
「ほほほ……主さんはどなたですか?」
高く掠れた女の声が、常のスンマンとは違っていてポジョンは部屋を間違えたと思った。

「し……失礼しました」
「主さん、遊んで行かれませんか?」
「いえ、人を捜しておりますので、ごめん」
「つれないことを言われる……」

仮面の妓女がポジョンの腕を押さえた。
その手をじっと見たポジョンが確信した。

「スンマン様ですね」
「ふふ……どうして分かった?」

そっと手を握りしめたポジョンが、愛しげにその手に唇をつけた。

「貴女の手だ……間違える筈がない」
「お前には敵わんな……」

「その花びらは……どうしたのですか?」
「これなら私とは解らないだろう?……お前以外は」
「それで叔父に会ってどうされるのですか?」

「この部屋の奥には、通路に抜ける扉があるのだ」
「それで?」
「ミセン公を騙して風呂にでも入れた隙に妓女と擦り変わる」
「叔父はそれほど甘くはないです……女に関しては」
「無理か?」
「抱けば分かる……貴女と声が違うのに気がつきます」
「似たような物じゃないのか?」
「違います! 貴女の声も香りも他に一つとして同じ物はないのです」
「妓女だぞ? 男を悦ばす事には私などより、よっぽど長けているし巧いだろう」
「私もかつて母から、色供の修行も兼ねて妓房に通うよう命をもらいました。……幾人も女を抱いた」
「………」
「その私が言うのです……貴女は違う、何もかもが他に無いのです」
「お前にとってはどうだ?……私はいいか?」
「いいも何も初めて貴女に触れた、あの夜から。………私はもう貴女の虜です……もう離れられない」
「私がいいか?」
「愛しています……私は貴女のものだ」

にっこりと、満足気に笑うスンマンがポジョンに抱きついた。

※※※

「んっ……ふっ……」
寝台に座ったポジョンの膝に座り、抱きついているスンマンが切なげに呻き首にかじりつく。

ポジョンの手が服の隙間から入り込み、滑らかな肌を楽しんでいた。

「………んっ……」
「スンマン様……」
ポジョンの手の感触に、声を上げないようスンマンは己の手の甲を強く噛んでいた。

びくびくと躯が跳ねたスンマンを、ポジョンが見やると眼に涙が浮かんでいる。

「苦しめてしまいましたか?」
花弁に囲まれた涙を指で拭う。

左手を見ると、甲に噛み痕が赤く付いていた。

「ミセン公が……そろそろ来る…だから……我慢した……」
「大丈夫ですか?」
「……屋敷に行きたい……」
潤んだ瞳で見詰めるスンマンにポジョンも頷いた。

「私もです……誰にも邪魔されずに貴女と過ごしたい」ポジョンの目も熱くスンマンを捉える。

「ポジョン、私の服に着替えなさい」
「はい、スンマン様」

ポジョンが普段、決して着ないような色の貴族の服を着た。

「スンマン様と違って私には似合いませんね」
「頭の結びも取れ……」
言われるがまま紐を解き、髪がざんばらになった。

「お前の服をこの袋に入れて馬に乗せておくんだ。……馬は通路の出口に繋いである」

「馬?」
「奥の扉から出てまた戻れ……ミセン公の様子も見てきてほしい」
「はい、スンマン様」

ポジョンが部屋を出て行った。

※※※

「女将~! 本当に現れたのか?」
「はい。確かに先日の女人です」
「ど……どこにいる? 案内せい」
「それが……」

女将の反応の悪さに嫌な予感がするミセンだった。

「叔父上~!私はどうすれば良いのですか?」一緒に来たハジョンだった。
「気に入った女と部屋に行ってなさい」
「うひひ~分かりました叔父上!」
妓女選びに熱心なハジョンは放っておいて、ミセンは女将に金を握らせた。

「それがですね~……この前みたいに自分で部屋を借りてくれたのは良かったんですがね~」
「えーい!じれったいな! 何があったのだ詳しく話しなさい」

「どうも、あの方の旦那が追いかけて来たみたいで……部屋の中で喧嘩してるんです」
「何だと!旦那?」
「そんな感じです」
「とにかく案内せい!」
ミセンが連れてこられたのは、この前と同じ部屋だった。

ガシャン!!
何かが割れる音が響く。
怒鳴る男の声に女の叫び声が聞こえた。

「こりゃ、いかん!……やっと見つけた女を傷つけられてはたまらん!」


部屋の扉を開けると壺が飛んできて、ミセンは慌てて引っ込んだ。

「どうすりゃいいのか……何とかあの女人を私に譲ってもらえぬかな」
「こんな時にそんな事を言い出したら、お客さん殺されますよ」
「う~む……そうだろうな」
「それにあの女人、情人がいてその男と此処に来たんですから……」
「何だと!……何と気の多い女だ」

「ぎゃーー」男の叫び声が部屋から聞こえた。

すわ、何事かと部屋の中に入ってみれば男が一人、床に転がっていた。

「あわわ、やってしまったか」
「お客さん、逃げて下さい!巻き込まれますよ」

女将がミセンに言うと慌てて部屋を出て行こうとしたが……

ミセンは【麗しの調べの妓女】を見た。
派手な貴族の服を着た男が、その女を抱き上げている。

男は後ろ向きで……肩越しに女の仮面と瞳が見え、男の首に巻き付いている白い繊手の左手の甲に赤い痣がある。

「さぁ、お客さん!早く!」

女将に急かされ出ていくミセンが聞いたのは……

「面倒はごめんだよ!あんた達もどうするのさ!」
女将の怒鳴り声だった。

「女は惜しいが揉め事は頂けん!逃げるが得だわ」
ミセンはそのまま店を出て、ヨムジョンの賭博場で遊んだ。

※※※

「全て貴女の策略ですか?」
「ふふ……お前が来て完成したがな」
「貴女という方は」
「女将、後はよろしくな……」
「心得ております」

二人が奥の扉から出ていった。

「大した御方だわ」
女将が感心していた。

※※※

「叔父上~あんまりだ!」
置いていかれたハジョンの叫びが、辺りに響いた夜……

「はて、何か忘れているような……」


夜更け、ハジョンを思い出したミセンが慌てて店に戻っていった。

     

【恋人達の雪……】

年越しまでにUPできるか(今は午後1時過ぎです)……かけます!

緋翠様の記事に触発されて【雪】で書いてみました(^o^)/

拙い文章ですが年末年始の挨拶に変えて……

来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

※※※

「お! 雪だっ」
砂漠育ちのトンマンは雪を見るのが好きで、ユシンの朗徒時代も好きだった。

公主になった今は忙しくてゆっくり見る暇もなかった……

だが、今日は年の瀬……侍女達は慌ただしく新年の用意をしており貴族達もそれぞれの屋敷に戻っている

今のところ大きな問題も起きておらず……ぽっと暇になったトンマンだった。

いつもならば王宮の書庫で書物を読み耽るトンマンだが、ふと窓の外を見て雪に気がついてからは手も目も止まっている。

「そうだ!」

宮を出たトンマンがスンマンの宮に急いで行った。

※※※

「どうされました?姉上」
優しく迎えたスンマンに愛らしい笑顔でトンマンは雪遊びがしたいと言い出した

「雪遊びですか?」
「そうだ!……私は砂漠育ちだから雪が珍しい。新羅に来て何年にもなるのに雪かきくらいしかしたことがないのだ」

だめか?などと上目遣いでねだられればスンマンは花より華麗な微笑みを浮かべて頷くしか出来ない

「では姉上……準備をしますから一旦、宮にお帰り下さい……直ぐに準備いたします」
「わかった」

トンマンがウキウキしながら宮に戻る間にスンマンは侍女達に素早く指示を出した

「ポジョン……」
「はい、スンマン様」
影のように控えていたポジョンにも指示を出したスンマンがチュンチュの宮に出かけて行った。

※※※

「姉上!」
スンマンの声と共に待ちわびたトンマンが飛び出してきた

「……何をするのだ?……スンマン」
頭の中から?マークを出したトンマンがスンマンに手を取られ導かれていくと……

朗徒達が王宮の中の雪を集め山とし、せっせと雪玉を作っていた

アルチョン率いる飛天之徒とユシン率いる龍華香徒

パグィ率いる冬柏梅徒とソニョル率いる雲上人徒

この二方が武術場の両端に分かれていた

「何をするのだ」
「雪合戦ですよ……姉上」
「雪合戦?」
初めての事で戸惑うトンマンのきょとんとした顔に微笑みながらも煌めく瞳は花朗達を見ていた

「花朗達には【雪比才】と言ってあります……要は雪玉のぶつけ合いです」
「面白いのか?」
「暖かな格好をしてますか」
「ああ、もちろんだ」
「なら姉上も参加されたらいい……チュンチュ!」

「私も……するのですか?」
不承不承でここに来たチュンチュが扇で欠伸を隠しながら不満をもらす

「姉上とチュンチュがユシンとアルチョンの大将になって下さい……私は敵になります」

「俺は?」
ピダムが伝言を聞いて慌ててやって来た

「ピダムは……姉上の傍がいいだろ?」
「もちろん!」
トンマンの横に並んだピダムだった

「さ、二手に別れますよ~……ポジョン号令と審判を頼む」
「はい、スンマン様」

※※※

「ではこれより雪合戦比才を始める……各々正々堂々勝負されよ!!」

ポジョンがサンタクに合図して銅鑼の音が響くと、王宮での大人数の雪合戦が始まった。

新羅の王宮始まって以来の大騒ぎな雪合戦に食指が動いたかミシルとミセンが見に来ていた。

「ほっほっほっ……トンマン公主の願いを聞いて即断即決なスンマン公主が仕掛けて……ほんに面白い公主達だわ」
「比才と聞けば何にでも食らいつく姉上も面白いですよ」
本音が漏れたミセンが……じろりと睨まれ扇で隠しながら首を引っ込めた。

「しかし……公主の性格の違いが如実に出てますな~~」
「トンマンは朗徒を陣を敷くように配置させ自らは最奥にチュンチュと陣取っているな……」
「姉上、ユシンとアルチョンに鼓舞するように声をかけさせていますね……」

ミシルの眼が鋭く観察していた。

「一方のスンマン公主は陣を敷きながらも、自分もパグィとソニョルと一緒に朗徒達を鼓舞し玉を投げている」
ミセンの言葉を聞きながらミシルは自分の若い時に想いを馳せていた

「ほっほっほっ……スンマン公主のじっとしていられない若さが眩しいし、トンマン公主の大将ぶりも頼もしいの」

「姉上もしたそうですが……お体を考えて下さいね」
「年だから止めとけとでも言いたいのですか~~~ミセン!!」
じろりと再び睨まれて……ミセンの扇がパタパタと揺れていた

※※※

「やれ!ピダムちゃんと気を入れぬか!」
「でも公主様~何でこんなことしなきゃいけないのか……」
ピダムがぶちぶちと文句を言えばトンマンの目が《くわっ!》と見開かれた

「そうか……ピダムは私が負けても良いのか」
「!!」
「そんなやる気の無い者は我が陣営にはいらぬぞ!」
「やります、死ぬ気で頑張ります」
慌てて雪玉を投げるピダムに鼻息荒く頷くトンマンを……面倒くさそうにチュンチュが見ていた。

《ああ……寒い》

チュンチュが、ふと敵方を見ればスンマンが楽しそうにパグィとソニョルの肩を叩いていた。

ユシンとアルチョンに雪玉を当てたから誉めているようだ

普段は反抗的なパグィとソニョルだが……やはり花朗。
比才とすれば血が騒ぐのだろう……本気だ

くすっ……どこか冷めた自分には出来ないと笑っていたら……頭に雪玉がぶつかった

「チュンチュ!お前もたまには熱くなれ」
スンマンがニヤリと笑っていた


「敵わないな……貴女には」
扇を放り出しチュンチュも雪玉を握っていた

※※※

《楽しそうにされている》
ポジョンが審判をしながらも、やはり目はスンマンを追っていた

《パグィとソニョルも頭に血が昇ってきたな……服を脱いで上半身裸になったぞ》

雪の中だが興奮した二人は服を脱ぎ捨てていた

二方とも力は似たようなもの……引き分けで終わらすしかないか……とポジョンが銅鑼の音を叩かそうとしたとき……

パグィとソニョルに雪玉が派手に当たり、あろうことか二人の真ん中にいたスンマンを下敷きに倒れていった。

「サンタク!!銅鑼を鳴らせ~~~」

ポジョンが少し高くなった場所から飛び降りて行くと、終了を告げる銅鑼の音が響いていた。


「スンマン様! スンマン様!……パグィどけ」
パグィを放り出し、ソニョルを引き起こし横に放り投げれば……スンマンが目を閉じて横たわっていた

「スンマン様!大丈夫ですか?」
抱き起こせば気を失っているのか反応がない
「スンマン様……」

そっと頬を撫でると瞼がわななき……目を開けた
「ん……つぅ~」
「どこが痛いのですか?」
「大丈夫だ……」
立ち上がったスンマン様の回りにトンマン公主とチュンチュ公、ユシン、アルチョン、ピダムが集まった

「スンマン大丈夫か?」
「姉上、大丈夫ですよ……それより楽しんで頂けましたか?」
「ああ!手が冷たくなったがな」
「では雪合戦を止めにして……次は」

ニヤリと笑うスンマンにトンマンも楽しそうに笑った。

「いいな」

※※※

スンマンの宮でトンマンとチュンチュ、ユシン、アルチョン、ピダム、パグィ、ソニョルが酒を飲んでいた

窓や扉を開け放ち、しんしんと再び降りだした雪を眺めての【雪見酒】に変更になっていた。

賑やかに宴会が進み終わったとき……ユシンが潰れていた

「ピダム、姉上を宮に連れていってくれ」
「おー わかった」
二人が歩き出しピダムが侍女から傘を奪ってトンマンに差しかける

「公主様……お寒くないですか?」
「大丈夫だ」

ほとほとと二人が歩いていく……

「もっと此方に寄ってください……濡れますよ公主様」
「ああ……それにしても楽しかったな~~~」
「公主様……」
「あんなにはしゃいだのは砂漠に居たとき以来だ」
「よかった」

……ふと立ち止まったトンマンが繊手を傘の下から出して眺めている

大きく見えても実は小さな雪の結晶が集まった様が面白く……溶けて終わる

「雪が面白いのですか?」
「溶けていくのが……儚くて」

繊手を空へと伸ばして雪が降るさまを眺めているトンマンの美しさに、ピダムがうっとりと瞳を潤ませている

つ……とトンマンの伸ばした手を取り自分の口許に寄せたピダムが、はぁ~~~と息を吹きかけた

「ぴ……ぴだ…む?」
「こんな冷たくなって……はぁ~~~」
「だいじない」
「いけません!手が冷たいのに……はぁ~~~」

温もりが指にかかり、ピダムの両手で包まれた自らの両手が暖まるのを……トンマンはピダムのするがままに任せていた

その温もりが心まで暖めるのを感じながら……

※※※

「ポジョン……どうした」
「貴女が心配なのです……痛みは無いのですね」
「大丈夫だ……さすがにあの二人の下になったら息が止まった」
くっくっくっ……と笑うスンマンの両頬を手で挟みポジョンが口付けた

「んんっ……」
「スンマン、スンマン」
口付けは深さを増し恋人達の舌は熱く絡まり……絡ませあい……吸いあい、求めあい……やがて体も求めあいたくて熱くなる

「貴女に何かあったら、私は……」
「ポジョン……すまなかった」
「スンマン……スンマン」
抱きしめられたまま外を眺め雪を見る

「ポジョン……ゆっくり湯に入ろう……お前の部屋を宮に用意したから泊まっていけ」
「え?……いけません。私の身分が低すぎますから……今のままでいいのです」

頬を染めたスンマンがポジョンの首に腕を回して正面から見つめあった。

「正式な婚姻は出来ないが……私が夫と想うのはお前だけだ。私婚しよう……ポジョン……ダメか」

「スンマン!!」
「ダメか?」

「私を夫と……貴女の夫と……」
「私にはポジョン…だけだから…姉上には話してある」

「スンマン様……嬉しいです」
「ポジョン……」

二人の唇がまた出会い……熱い想いを伝えあった


部屋の外でタンシムが嬉し涙をそっと袖で拭っていた
「おめでとうございます。スンマン様、ポジョン様……そうだ」

こっそりと御祝いの膳を用意しようと厨房に向かうタンシムだった

※※※

こんな感じで【雪遊び】から始めてみました

明日からは主婦しなきゃなので記事UPは無理ですが……

来年も楽しく書いていきます~~~
よろしくお願いします(^o^)/

プロフィール

すー※さん

Author:すー※さん
私的妄想世界が広がっております。
イチオシは窪田正孝さんの役柄いろいろ妄想話です♡(その他にも相棒の神戸さん、スネイプ先生や善徳女王など色々でございます)

最近は更新ができてませんが、発作的に投下してます。
8月、9月の試験に受かれば時間ができるので、それまでは見守っていて下さいませ。

合言葉は『シリアスからエロまで』・・・・・楽しんでいただければ幸いです。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Cat Home

暁の唄

ちび眼鏡日記

ひとりごと

月が浮かぶ夜

まきまきまき

うみにふわりふわり

snowdrop

みやびのブログ

よみよみ

SweetBlackな世界

日々のこと

きみと手をつないで

shibushibuuu

ゆめの世界

井の中の蛙

月の舟 星の林

古いおもちゃ箱

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR